手足の震え、もしかしてそれってパーキンソン病では?

パーキンソン病の診断方法について

パーキンソン病かなと思ったら、自分で判断をするのではなく、まずは神経内科のお医者さんで診察をしてもらうことが大切です。パーキンソン病は「パーキンソン症候群」と非常に似た症状を起こしますので、診察をきちんと受けて、まずば病名をはっきりとさせてから治療にあたることが重要です。

 

その為にはしっかりとした検査を行える病院を選んで診察を受けましょう。似ているようで違う、パーキンソン病症候群の症状。言葉だけを効くとパーキンソン病の手前の状態がパーキンソン病症候群と勘違いをしてしまいますが、専門医のきちんとした診察を受ければ自分はパーキンソン病なのか、パーキンソン症候群なのか?これがハッキリ分かります。

 

「パーキンソン症候群」には、坑精神薬を使用ことにより、脳内ドーパミンが不足することにより「薬剤性パーキンソン症候群」と呼ばれています。

 

パーキンソン病と比べると歩くための足がでない「すくみ足」が非常に多くみられ、これは脳血管障害が原因の「血管性パーキンソン症候群」と呼ばれています。

 

変性疾患を原因とする四肢よりも体幹に強い固縮がある「多系統萎縮症」「皮質基底核変性症」「進行性核上性麻痺」と呼ばれるものがあります。

 

これらの症状はパーキンソン病と非常に良くにておりますが、パーキンソン病とは違う治療方法、対処方法が用いられます。

 

それでは、パーキンソン病の診察にはどのようなものがあるかご紹介します。主に下記の4つの診断方法があります。

 

@ 採血検査

 

 

 

 

 

 

 

A 頭部MRI

頭部MRI検査では、パーキンソン病は正常でパーキンソン病以外の病気は独特の映像を映し出しだすようになっています。

 

 

 

 

 

 

B MIBG心筋シンチグラフィー

 

C 脳血流SPECT

 

これらの検査を行い、それぞれのデーターを総合的に判断することによって、「パーキンソン病」もしくは「パーキンソン病症候群」、他の病気の可能性があるのか?トータルで専門医が判断をします。気になる症状をお持ちの方は1日でも早く専門医の診察をお受けください。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗