手足の震え、もしかしてそれってパーキンソン病では?

淡蒼球内節の手術

GPiの刺激術は全てのパーキンソン病の症状を改善させるに有効とされています。特にオン時のジスキネジアの改善に効果的とされています。しかしながら、ふるえの改善は視床Vim核の手術ほどの改善は見込めないとされています。レボドパの減量効果も視床下核の手術ほどではないとされています。

視床下核の手術

レボドパの減量が期待できます。しかし長期的には認知機能の低下や歩行障害、うつの発生などが認められので慎重な対応が必要となってきます。

脚橋被蓋の手術

パーキンソン病の手術として行われておりますが、まだ明確な研究データーが出ておりませんので、研究段階です。

運動療法

パーキンソン病は進行が進むにつれ、運動が困難になるため、そのままの状態では二次性の筋力低下や関節拘縮をきたすことがある可能性があるため、運動を行うことは非常に大切です。運動により進行を少しでも遅らせる可能性は十分にあります。パーイキンソン病の方向けのパーキンソン病体操と言う体操があります。

音楽療法

カラダを動かす運動療法と音楽療法を用いることで、音楽の持つヒーリングやリラクゼーション効果が期待できます。運動を行う場合も音楽のリズムに刺激を受けて行う方が、パーキンソン病の歩行障害が改善したという検証データーも出ています。

食物療法

薬物ではなく、パーキンソン病に有効とされる天然の食物を体に取り入れることによりパーキンソン病の緩和を目指す療法です。主にパーキンソン病の食事療法としては低蛋白食療法が上げられます。低蛋白食療法は、朝食・昼食の蛋白質の量を減らし、夕食に減らした蛋白質をたくさん摂取する療法です。これはL−ドーパと競合する蛋白質の量を減らすことにより、改善を目指す方法です。これらは、現在服用している薬とも関係がしてきますので、専門医と相談をされて行ってください。

 

パーキンソン病に良いとされている食物には下記のものがございます。

・ムクナ豆(八升豆)

 

江戸時代までは日本でも栽培をされていましたムクナ豆。ムクナ豆はマメ科の植物で、タンパク質・炭水化物・脂質・ミネラルを多く含んでいます。また、豆のさや、葉、豆にはセロトニンの集積も見つかっています。ムクナ豆は、古くはインドの伝承医学アーユルヴェーダにおいて薬用植物の一つとして重宝されてきたものです。ムクナ豆がパーキンソン病に有効とされる理由はドーパミンの素になる「L-ドーパ」が豊富に含まれているからです。日本ではあまりムクナ豆を販売しているのは見かけませんが、ネット検索をしていたら見つけました。ムクナ豆の粉の販売をしているようですので参考にご紹介しておきます。

先端的な治療 細胞移植

細胞移植治療の研究開発を行うElixcell Inc.は、パーキンソン病の病気分類4度と5度(Hoehn-Yahr分類)の患者50人に対し、自家細胞である骨髄細胞を患者の身体から採取し増殖させ、同患者に移植をしました。

 

1年のフォローアップの結果、70%の患者が病気分類2度までに回復をさせることに成功しました。これは世界に現存する治療方法の中で、「パーキンソン病患者への治療効果が確実に確認された」初めての結果です。臨床の集計にはまだ時間が必要とされますが、パーキンソン病の治療方法の明るい未来を指し示すものとして注目が集まっています。何よりも使用された細胞は、患者個人の骨髄細胞である為、薬物投与による副作用もまったくなく、免疫抑制剤や日和見感染症の心配をする必要もありませんので、今、最も注目されるパーキンソン病の治療方法といえます。

 

※パーキンソン病の治療には、万人に効く薬や方法が見つかっておりません。したがってパーキンソン病は1人1人の症状、病歴により対処する方法がまったく違ってきます。その事を念頭に入れていただきまして、必ず神経内科の専門医に相談の上、指示に従うようお願いいたします。

抗ヒスタミン薬

パーキンソン病のふるえの緩和作用に良いとされるのが、プロメタジン(商品名ピレチア)です。鎮静作用が非常に強く、パーキンソ病の不安などからくる夜グッスリ眠れない人向けに不眠改善薬としても使用される場合があります。

非運動症状に対する治療

パーキンソン病に伴う自律神経症状や精神症状に対しては、それぞれの症状に対する治療薬を使用します。現在推奨されているのは4つあり、クロザピン、クエチアピン、オランザピン、リスペリドンなどの非定型抗精神病薬が使われています。

外科療法

外科療法としては視床下核部の定位脳手術が上げられるが、困難な治療法であるので慎重な対応が迫られています。パーキンソン病への外科療法は20世紀前半から行われ、1950年代に視床VL、Vim核、淡蒼球内節、視床下核破壊術が確立されましたが、その後頭部に電極を埋め込む深部脳刺激術 (Deep brain stimulation therapy, DBS)が開発されました。現在はこの方法が一般的な外科療法となっています。この手術は認知障害があったり著しい精神症状がある場合、全身疾患がある場合には受けることができません。特に年齢による適応の制限はありません。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗