手足の震え、もしかしてそれってパーキンソン病では?

ドーパミン補充療法

ドーパミンの元となるレボドバを投与する方法があります。ドーパミンを直接投与できない理由としては、ドーパーミン自体は脳にある血液脳関門を通過できない為です。血液脳関門とは、脳に外からの危険な物質が入り込まないようにしている脳を守っている機能で、ドーパミンはその関門で引っかかってしまう特性を持っているからです。

 

現在は初期治療段階では、ドーパミン受容体作動薬から投与することで、少しでもレボドパの内服開始時期を遅らせる治療法が一般的となっています。L−ドーパやドーパミンアゴニストの投与によりまれに嘔吐の副作用が出る場合がありますが、これに対する制吐剤には、パーキンソニズムを悪化させるものが多いので気をつける必要があります。

ドーパミン受容体作動薬

ドーパミニアゴニストとも呼ばれています。カベルゴリン、ペルゴリド、ブロモクリチン、プラミペキソール、ロピニロール、タリペキソールなどの種類の薬を投与する方法があります。レボドパ製剤と比較するとウェアリングオフやジスキネジアを起こしにくいことから、認知症を伴わない70歳未満の患者については、レボドパではなくこちらを第一選択とすることが推奨されています。

 

しかしながらドーパミンアゴニストは心臓弁膜症や間質性肺炎などを起こすことが判明し、また、これらの薬剤を内服している人が内服の中止をすると悪性症候群などの副作用を引き起こす危険性もあります。こちらの服用に関しては必ず医師と相談の上、服用する必要があります。

ドーパイン放出薬

アマンタジンという成分はインフルエンザの治療薬として開発されましたが、パーキンソン病患者の運動症状が改善されたことから抗パーキンソン病薬としても認められました。

 

NMDA型グルタミン酸受容体にたいする拮抗作用があり、これが抗パーキンソン作用の原因となっているといると言われています。神経保護作用もあるとされていますが、こちらはまだ研究段階でハッキリした結果は出ておりません

MAO-B阻害薬

ドーパミンの代謝経路として働くMAO-Bを選択的に阻害することで、ドーパミン濃度を高める作用があります。日本で使用許可が出ている唯一の阻害薬がセレギリン(商品名エフピー)です。この薬の注意すべき点としては、セレギリンは治療量内ではMAO-Bに対して働きますが、高用量になるとMAO-AおよびMAO-Bに対して非選択的に阻害してしまうのでたいへん注意が必要です。

 

さらに、進行期パーキンソン病の運動合併症であるジスキネジアの発現を増強するため、ジスキネジアが現れた場合には投与を中止しなければなりません。セルギリンは神経保護作用もあると言われていますが、こちらも研究段階であり明確な回答は出ておりません。

COMT阻害薬

中枢外に存在するドーパミン代謝経路の酵素であるカテコール-0-メチル基転移酵素を阻害する薬です。L-ドーパとの併用でのみ用いられます。エンタカポンやトルカポンが開発されていますが、トルカポンは副作用として肝障害の症状がある為、現在は米国以外では使用されておりません。

 

日本ではエンタカポンが2007年1月に承認されています。ウェアリングオフ現象の改善にたいへん有効とされていますが、ジスキネジア、精神症状の増悪が認められることがありますので注意が必要です。

抗コリン薬

アセチルコリン受容体のうち、ムスカリン受容体をブロックするのが抗コリン薬です。府来るから使用されているパーキンソン病薬と知られています。1949年に合成薬であるトリヘキシフェニジル(商品名アーテンなど)が開発されて様々な薬剤が使われています。

 

他に、抗コリン薬としてはビベリデン(商品名アキネトンなど)、プロフェナミン(商品名パーキン)、メチキセン(商品名コリンホール)などがあります。これらの抗コリン薬は2002年のガイドラインでは補助的な薬物として位置づけられています。副作用としては幻覚、妄想、せん妄、認知症の悪化が認められるため、認知症が認められる患者や高齢者には不向きな薬ですので注意が必要です。最初は少量を投与し、投与を中止する場合も少しづつゆっくりと減量をする事が必要です。

ノルアドレナリン作動薬

進行期パーキンソン病の「すくみ足」や「姿勢維持障害」に効果があるとされるのが日本で開発されたドロキシドパはノルアドレナリンの非生理的な前駆物質です。起立性低血圧にも効果があります。

抗ヒスタミン薬

パーキンソン病のふるえの緩和作用に良いとされるのが、プロメタジン(商品名ピレチア)です。鎮静作用が非常に強く、パーキンソ病の不安などからくる夜グッスリ眠れない人向けに不眠改善薬としても使用される場合があります。

非運動症状に対する治療

パーキンソン病に伴う自律神経症状や精神症状に対しては、それぞれの症状に対する治療薬を使用します。現在推奨されているのは4つあり、クロザピン、クエチアピン、オランザピン、リスペリドンなどの非定型抗精神病薬が使われています。

外科療法

外科療法としては視床下核部の定位脳手術が上げられるが、困難な治療法であるので慎重な対応が迫られています。パーキンソン病への外科療法は20世紀前半から行われ、1950年代に視床VL、Vim核、淡蒼球内節、視床下核破壊術が確立されましたが、その後頭部に電極を埋め込む深部脳刺激術 (Deep brain stimulation therapy, DBS)が開発されました。現在はこの方法が一般的な外科療法となっています。この手術は認知障害があったり著しい精神症状がある場合、全身疾患がある場合には受けることができません。特に年齢による適応の制限はありません。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗