手足の震え、もしかしてそれってパーキンソン病では?

ムクナ豆ってどんな豆ですか?

日本でもムクナ豆の栽培は江戸時代まで行われていましたが、その後は生産者がいなくなり、今はほとんど栽培している方がおりません。

 

ムクナ豆は別名「ハ升豆」とも呼ばれ、1粒でハ升ほどたくさん採れるという事と、八丈島の名前がなまってハッショウマメになったと諸説言われがあります。

 

ムクナ豆はヒマラヤのネパール辺りが原産地とされており、たいへん古い種の植物です。

 

日本には東南アジアから経由して日本に伝わったもので、その後品種改良を続けたものがハ升豆と呼ばれるようになりました。

 

古くはインドのアーユルヴェーダにも使われたとされるムクナ豆は、食すと血中のテストステロンを増やし、ドーパミンの元となる成分を含んでいることでも有名です。

 

では、なぜ日本ではムクナ豆を栽培する人がいなくなってしまったのでしょうか?

 

その理由のひとつとして考えられるのが、ムクナ豆は非常に硬く、調理するのに手間と時間がかかったからと言われています。

 

江戸時代では現代のような圧力鍋などありませんから、ひたすら煮込んで煮込んで柔らかくするしかなかったのです。

 

江戸時代の燃料は希少でしたから、調理時間がかかるものはだんだん台所では利用されなくなったと考えられます。

 

またムクナ豆はたいへん生命力が強く、つるの長さは8m〜10m近くになります。

 

その為、狭い土地での栽培は不向きで、しかも収穫までは半年以上かかるので、江戸時代に育てていた人はさぞかしたいへんだったことでしょう。

 

ムクナ豆は現在では、南米やアフリカの痩せた土地でも栽培ができることから、現地の食料として有効活用できないか研究が進められています。

 

収穫に時間がかかる、調理に時間がかかるなどの欠点はありますが、非常に優れた栄養価から注目の食材になっています。

大脳皮質基底核変性症の症状は?

初期段階においてはパーキンソン症状と同じような片方のどちらかの手の筋肉の硬さや細かい運動ができなくなることが多いようです。

 

さらに、手が震える(安静時振戦)などの症状が見られ関節が動かしにくくなることによる歩行が不自由になります。

 

症状が進むと、自分の意思とは無関係に手足が動いたり、手が姿勢自体がおかしな動きになったり、目の動きが悪くなる眼球運動障害
などの症状が現れます。症状に左右差があらわれるのが大脳皮質基底核変性症の特徴です。

大脳皮質基底核変性症の原因は?

原因は不明ですが、主に前頭葉、頭頂葉領域においての強い萎縮症状が見られます。同時に黒質緻密帯に神経原線維変化という異常が現れます。

 

さらに淡蒼球視床にも変性が起こります。アストロサイト(中枢神経に存在する細胞のひとつ)にも異常蓄積したアストロサイト班が見られるようになります。

大脳皮質基底核変性症の治療方法は?

パーキンソン症状に対してはレポドパ、ドーパミンアゴニスト、アマンタジンなどを用いて治療薬の効果をみていきます。

 

手足の小刻みで素早い震え(ミオクローヌス)にはクロナゼパムが有効とされています。腕が硬くなり肘で屈曲してしまうことがありますが、これに対しては今のところ有効的な薬は見つかっておりません。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗