手足の震え、もしかしてそれってパーキンソン病では?

ドーパミンとは?

ドーパミンとは交感神経節後線維や副腎髄質に含まれるホルモンの一種で、神経細胞の間の情報通信のために使われる神経伝達物質の1つです。簡単に申し上げると、このドーパミンの分泌が少ない、またはまったく出ない人は、パーキンソン病患者となります。

 

では、パーキンソン病を完治させるにはドーパミンを投与すれば良いのでしょうか?脳には、外部からの毒素が進入するのを防ぐ関門があり、そのおかげで毒素が入り込むのを防いでいるのですが、体に必要であるはずのドーパミンも一緒に関門にシャットアウトされてしまうので、脳内に取り込むことができません。

 

その為、ドーパミンの元となるL−ドーパを口から取り込み、胃→小腸→血流→脳という順番をたどり、L−ドーパは脳内でドーパミンに変化し脳内のドーパミン濃度を上げてくれるのです。ドーパミンは一般的にも知られていますが、実はその大元となるのがL−ドーパという事はあまり知られておりません。ドーパミンが不足すると体の運動機能の司令塔のような役割をする線条体に神経伝達物質のドーパミンが十分に届かなくなります。

 

そうすると、運動を司る筋肉に指令が届かなくなり、手が震えたり、脚が震えたり、歩行が困難になったりなどの運動機能に障害がでてきます。その一例がパーキンソン病なのです。ドーパミン物質は多ければ良いものではなく、人間が生きていく為には適切な分泌量があります。逆に多量にドーパミンンが出ると精神疾患を起こす物質ですので注意が必要です。

セロトニンとは?

セロトニンとは「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」と並んで、人間の体の中での神経伝達物質のひとつです。主にセロトニンが不足すると「うつ病」などの精神疾患になりやすいと言われています。セロトニンの役割は「ノルアドレナリン「ドーパミン」が多量に分泌されるのを防いで、適切な量に調整をし心のバランスを整えてくれます。セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れて、ちょっとした事でも怒りやすくなったり、逆に気分が沈んで「うつ病」を発症すると言われています。

 

セロトニンとドーパミンは密接な関係がありますので、うつ病、パーキンソン病患者に関する話題と同じように言われることが多くあります。セロトニンは自然界の動植物に一般的に含まれている物質です。成人男性で体内にに約10ミリグラムが存在していると言われています。その中の約90%が小腸細胞内にあり、8%は血小板に溶けて血液を通じて体内を巡っています。残りの2%が脳内の中枢神経に存在して、人間の精神をコントロールしていると言われています。

 

セロトニンを増やすには、バランスの良い食生活、生活改善によってある程度改善できるといわれています。さらに、セロトニン神経を活発にする方法としては、日光浴と適度な運動がセロトニン神経を興奮させて覚醒状態を高める効果があります。現代社会の生活では、屋内での活動が多く、外に遊びに出る時間が減少するとともに、慢性的なセロトニン不足になっていると言われています。特に子供達が心のバランスがとれずに、学校で暴れたり、キレたりする原因とも言われています。

エルドーパとは?

エルドーパとはドーパミンと似ていますが、その役割が違います。簡単に申し上げると、ドーパミンを作りだす素となるのがエルドーパと言います。つまり、エルドーパが脳内でドーパミンに転換されてドーパミンが作り出されるのです。工場を例えて言うのならば、工場がエルドーパでそこから作り出される物質がドーパミンとなります。ドーパミンはL−ドーパから作られますのでなくてはならないものです。
人間の脳内で作るドーパミンですが、ドーパミンが放出されにくいという方は、まずは工場となるLードーパの部分に異常があるのか、もしくは、ドーパミンを放出する部分が何らかの原因により、少ないのか、パーキンソン病の原因を探るには必要となってきます。単純にドーパミンが放出される量が少ない場合は多くする処方が必要になってきます。また、ドーパミンが放出されている時間が短いなどあります。処方はいろいろと薬がありますので、下記でご紹介しておきます。

 

L-dopa(エルドーパ)含有製剤
この薬は脳内で不足しているドーパミンを補給する薬です。飲用することにより筋肉のこわばりなどを緩和して身体をスムーズに動かすようになります。

 

ドーパミンアゴニスト(ドーパミン受容体刺激薬)
ドーパミンを受け取る部分を刺激することにより、その働きを活性化させて多くのドーパミンを受け取れるようにします。

 

ドーパミン放出促進薬
ドーパミンの放出の量を多くする薬です。

 

ドーパミン代謝阻害薬
ドーパミンを分解する酵素の働きを抑えることにより、ドーパミンの作用している時間を長くしてくれます。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗