手足の震え、もしかしてそれってパーキンソン病では?

パーキンソン病の原因

パーキンソン病になる根本的な原因として一番に上げられるのは、脳内物質の一種であるドーパミンが正常に働くなり、分泌量が少なくなるか、まったく分泌されない事ことで起こります。そのほかに誘発性のパーキンソン病と呼ばれるものが下記の1〜4までです。病因遺伝子によるもの、仮説ではありますが、ミトコンドリア機能障害によりパーキンソン病の原因となると言われています。

 

1.頭部の外傷
2.低酸素脳症
3.薬剤誘発性
4.毒素
5.病因遺伝子
6.ミトコンドリア機能障害仮説

 

血清中のビダミンDが欠乏しているといわれていますがまだ明確な解明はできておりません。ビタミンDを多く含む主な食品としては以下があげられます。

 

食品名 100gあたり含有量
しらす干し 46-61μg
焼き紅鮭 38.4μg
いわし(缶詰) 17-20μg
焼きさんま 15.9μg
さば(水煮缶) 11μg

 

ビタミンD2の前駆物質であるプロビタミンD2はシイタケ、魚類の肝臓に多く含まれています。摂取基準量は以下となります。ビタミンDは食事からの摂取ではなく、日光を浴びることにより濃度が適切に保たれると報告されています。ビタミンDが欠乏すると、くる病、骨軟化症、骨粗鬆症が引き起こされる場合があります。 
摂取基準 目安量 上限量
成人(男女) 5μg(200IU)/日 50μg(2,000IU)/日

 

 

病因遺伝子

近年、様々な研究により特定遺伝子の突然変異がパーキンソン病の原因になるということが発見されました。遺伝子の変異が病気の引き金となれば、今まで原因不明と呼ばれていたパーキンソン病の治療方法が進む可能性もあります。

 

また、血縁者の中にパーキンソン病がいるとやはり有病率が高くなるという説もあり、遺伝子に何かしらの関係があるとされ研究が進んでいます。パーキンソン病の先端的な治療として自家細胞である骨髄細胞を患者の身体から採取し増殖させ、同患者に移植をした結果、回復されたとの実験データーがあり、今、最も注目されるパーキンソン病の治療方法として注目されています。

ミトコンドリア機能障害仮説

MPTPやロテノンといったミトコンドリアに機能障害を起こす薬物により、人や動物実験によりパーキンソン病を引き起こす病原因の1つとして仮説がとなえられています。こちらもまだ検証データーが不十分な実験段階であり、あくまでも仮説となっています。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗