手足の震え、もしかしてそれってパーキンソン病では?

ドーパミン不足とパーキンソン病

ドーパミンはLドーパを材料として脳内の黒質細胞という場所によって作られます。このドーパミンは神経伝達の為に非常に重要な物資です。例えば脳からの指令で「手を動かす」という指令が出てもドーパミンがうまく機能していないと手を動かすことができないのです。

 

また、ドーパミンは人間のやる気などを引き起こす成分として知られており、ドーパミン不足によって、運動機能の低下、やる気が起きないというメンタルな部分にも影響が出てきます。

 

このドーパミンはアミノ酸が大本となっており、ドーパミンとセロトニンが上手にバランスを保つことによって私たちの体は動いています。この働きによって、朝きちんと起きることができたり、元気に動き回ったり、夜はグッスリと睡眠をとることができるのです。

 

一般的にはセロトニンは男性よりも女性の方が不足しがちという傾向があります。セロトニン、ドーパミンを食事から摂取する場合は卵、イワシ、そら豆などを食べると良いですが、含まれている量はごく微量です。

 

しかしながらムクナ豆には9種類の必須アミノ酸とチロシンが豊富に含まれています。まさに奇跡の豆と言われる理由がムクナ豆にはあるのです。

大脳皮質基底核変性症の症状は?

初期段階においてはパーキンソン症状と同じような片方のどちらかの手の筋肉の硬さや細かい運動ができなくなることが多いようです。

 

さらに、手が震える(安静時振戦)などの症状が見られ関節が動かしにくくなることによる歩行が不自由になります。

 

症状が進むと、自分の意思とは無関係に手足が動いたり、手が姿勢自体がおかしな動きになったり、目の動きが悪くなる眼球運動障害
などの症状が現れます。症状に左右差があらわれるのが大脳皮質基底核変性症の特徴です。

大脳皮質基底核変性症の原因は?

原因は不明ですが、主に前頭葉、頭頂葉領域においての強い萎縮症状が見られます。同時に黒質緻密帯に神経原線維変化という異常が現れます。

 

さらに淡蒼球視床にも変性が起こります。アストロサイト(中枢神経に存在する細胞のひとつ)にも異常蓄積したアストロサイト班が見られるようになります。

大脳皮質基底核変性症の治療方法は?

パーキンソン症状に対してはレポドパ、ドーパミンアゴニスト、アマンタジンなどを用いて治療薬の効果をみていきます。

 

手足の小刻みで素早い震え(ミオクローヌス)にはクロナゼパムが有効とされています。腕が硬くなり肘で屈曲してしまうことがありますが、これに対しては今のところ有効的な薬は見つかっておりません。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗