手足の震え、もしかしてそれってパーキンソン病では?

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

パーキンソン病のよくある質問記事一覧

パーキンソン病とは何ですか?パーキンソン病は簡単に申し上げると脳内の黒質という部分に障害が出て、そのため脳内のドーパミンという物質が減ってしまうために起きる症状です。黒質は脳のうしろにある脳幹という場所にあります(黒質は中脳の下部分)。パーキンソン病になると黒質の神経細胞の数が減り、また神経細胞の形が小さくなります。その為にパーキンソン病を引き起こす原因になっています。パーキンソン病は寝たきりにな...

パーキンソン病と似たような症状に進行性核上性麻痺があります。この原因は小脳、 脳の基底核、脳幹の神経細胞が何らかの原因によって減少していく症状で、進行性核上性麻痺になると「転倒しやすい」という特徴が見られます。パーキンソン病の転倒とは違い、早期の段階から転倒しやすくなります。お年寄りの場合は足腰が弱っていると思われがちですがそうではありません。発症時はパーキンソン病に多く見られる「動作緩慢」や「歩...

多系統萎縮症とは「シャイドレーガー症候群」「線条体黒質変性症」「オリーブ橋小脳萎縮症」と呼ばれ病名の総称の事を言います。原因は特定できておりませんが、脳内に問題が起こることで発症し、パーキンソン病と同じような症状が特徴です。

主に脳血栓、脳梗塞、脳卒中など脳の血管障害の後遺症によって発症するパーキンソン症候群のひとつです。この症状の特徴としては60歳以上の高齢者に発症確率が高く糖尿病や高血圧などの疾患を抱えているとなりやすい傾向にあります。

薬剤性パーキンソニズムとは主に精神安定剤、抗精神病薬を服用しており、その薬の副作用としてでてくるパーキンソン症候群の一種でありパーキンソン病とまったく同じような症状がでる病気です。本来は病気を治療する為の薬ですが、薬にはやっかいな副作用というものが生じます。このところ様々なパーキンソン病の研究が進んだおかげで新薬が開発されておりますが、副作用は個人差もあり、飲む前よりも悪くなる場合がありますのでく...

何らかの原因によって脳神経細胞に異常なタンパクが蓄積していく病気です。異常なタンパク質が脳神経内に増えることによって、主に腕が使いにくくなり体の左右のどちらかにのみ症状が発生することが多いようです。この症例自体が数が少なく、40歳以降に発病すると見られています。さらにパーキンソン症状とよく似た筋肉がこわばる、歩行障害、動作がのろくなる、思うように手が使えない症状などが同時に発病する病気です。体の右...

「パーキンソン症候群」と「パーキンソン病」は何が違うの?この2つの症状は名前だけ効くと同じように思えてしまいますが、パーキンソン病はパーキンソン症候群の病状が悪化した状態ではありません。これらは原因から違うものなのです。パーキンソン病と他のパーキンソン症候群の大きな違いは、パーキンソン病では症状の出方に体の左右に必ず症状の違いがあることです。さらに、その症状が少しずつ進行していくのが特徴です。また...